環オホーツク観測研究センター

Previous Image
Next Image

環オホーツクセンターからのお知らせ

2016.4.19 低温科学 2016 74巻が発行されました 2016.04.19
2016.2.5 若土名誉教授のクロモフ号航海日誌「オホーツク海に迫る」が公開されました 2016.02.05
2015.8.6 新学術領域研究「海洋混合学の創設:物質循環・気候・生態系をつなぐ統合 的理解の推進」が採択されました 2015.08.06
2015.6.22 キャノン財団成果報告会(発表:西岡) 2015.08.06
2015.7.30 漢那直也さんの学位審査が行われました 2015.08.06

»過去のお知らせ一覧

シンポジウム&セミナー

2016.5.17-19 International Ocean Vector Wind Science Team (IOVWST) Meeting 2016開催 2016.01.08
2015.7.13 環オホーツクセミナー「西部北極海の傾圧渦に捕捉された内部波について」 2015.07.08
2015.7.9-10 研究集会「宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム」 2015.06.08
2014.12.17-18 アムール・オホーツクコンソーシアム国際ワークショップの開催 2014.12.25
2014.10.27 低温研共同研究集会「両極海における砕氷船を利用した観測研究」 2014.09.03

»シンポジウム一覧

観測&研究活動

学会発表:西部北太平洋亜寒帯域の鉄循環像の構築(西岡) 2016.03.30
学会発表:オホーツク海における鉄の供給及び植物プランクトンの増殖に海氷が果たす役割(漢那) 2016.03.30
学会発表:黒潮続流域3隻同時観測から明らかとなったSSTフロントが駆動する風(西川) 2016.03.30
招待講演:北太平洋亜寒帯域への鉄供給における寒冷圏縁辺海の重要性(西岡) 2016.03.30
学会発表:漂流ブイを用いた北太平洋移行領域と準定常ジェットの観測(三寺) 2016.03.30

»研究一覧

論文、著書など

解説:札幌における積雪観測と物理プロセスモデル開発(青木他、低温科学、2016) 2016.04.21
解説:アムール川流域における溶存鉄生成メカニズムのモデル化(大西他、低温科学、2016) 2016.04.21
解説:オホーツク海における海氷が関わる鉄の供給過程の解明(漢那他、低温科学、2016) 2016.04.21
解説:日本周辺に存在する「陸海結合システム」の理解に向けて(西岡他、低温科学、2016) 2016.04.08
解説:オホーツク海高密度陸棚水への鉄の ポテンシャル供給域(内本他、低温科学、2016) 2016.04.08

»論文一覧

環オホーツク観測研究センターについて

当センターについて

「環オホーツク地域」とは、オホーツク海を中心に、ユーラシア大陸、北太平洋、北極圏、温帯・熱帯域に囲まれた地域をいいます。地球環境変動における環オホーツク地域の役割を正しく評価することが本センターの目標です。

アクセス

環オホーツク観測研究センター 〒060-0819
札幌市北区北19条西8丁目
北海道大学低温科学研究所
TEL:011-716-2111(代表)
FAX:011-706-7142

Copyright(C) Pan-Okhotsk Research Center Allrights reserved.